Price:\385,000+TAX

※価格・仕様はレートや製作者の意図などにより変更される場合がございます。


  • 7 Watt single ended class A guitar amplifier
  • Nominal Output Impedance: 8 Ohm
  • ECC81 and ECC83 preamp valves, EL84 output valve
  • Controls:Bright Switch, Hi/ Lo gain input selector switch, Gain, Bottom, Middle, Top, Stack, Power (EL84 headroom control), Off/ Standby/ On switch
  • Mains Power Requirement: 240V @50HZ, 200mA Voltage switch fitted as standard switchable to 120V(115V設定) @ 50HZ/60Hz, 400mA
  • Dimensions Approx Excluding Handle and Feet: 320mm x 210mm x 205mm (W x D x H)
  • Weight: 10KG (22lb)







Little Chopper は、Audio Kitchen が最初に設計開発したアンプです。
Little Chopper のヘヴィなオーバードライブサウンドでもクリアで存在感があるサウンドは、Audio Kitchen の礎石として、世界中のミュージシャン、エンジニアなどの間で既に知られています。

Little Chopper は、スタジオで出来るだけ簡単に“音作り”が可能で、かつ、音色を“すべて逃すことなく”再生し、“インスパイア”させるアンプとして考案されました。
“インスピレーション”と“音作りする為の音色の範囲”は、多くのアーティストが求めるサウンドに導くためのものかどうかについて何度も議論にのぼる話題です。

まず、アンプはあなたを刺激する必要があります。
そして、それはあなたがプラグインするたびに、新しい光の中で自分自身(の新しいサウンド)を聞く可能性を示さなくてはなりません。それは、同じギターを繋いだとしてもです。

アンプのコントロールに触れる前に、弦の微妙なタッチや音量、トーンやピックアップの設定など、その異なる組み合わせで、あなたは様々な音色をアンプに送ることが出来ます。

これらの2つの性質(アンプとギター)は、結果的に多種多様な音色を作り出すことができます。そしてそれに答えられるポテンシャルがLittle Chopper には十分に備わっています。

Little Chopper は、ブラインドテストによりコンデンサを選定し、ワイヤの種類、POTの種類や筐体の材質、徹底的プロトタイプの出力トランスを試聴など、「One」を見つけるまで、さまざまな部材をーディションしてきました。
回路自体は、他のどのアンプの設計にも基づいていません。自分たちが賞賛していたアンプのサウンドを参考に設計しました。結果は、そのサウンドより、透明かつ繊細であり、あなた自身のキャラクターを主張することを可能にするアンプになっています。

Little Chopper は,国内100Vでも動作いたしますが、本来のサウンドを得るためには120Vでの使用をお勧めいたします。