Price:\137,000+TAX

※価格・仕様はレートや製作者の意図などにより変更される場合がございます。
※ハンドメイドによりイラスト、見た目は一点一点異なります。




  • 2.5Watt amp single-ended amplifier/ preamp, Class A output stage
  • Nominal Output Impedance: 8 Ohm
  • ECC82 and ECC83 preamp valves, EL84 output valve
  • Controls:Gain, Baxandall-based EQ – “Root” (bottom), “Branch” (top) , “Dirt” (output headroom control), Clean line out level attenuator, Post power amp line out level attenuator
  • Mains Power Requirement: 240V @ 50HZ, 250mA Voltage switch fitted as standard switchable to 120V(115V設定) @ 50HZ/60Hz, 500mA
  • Durable, portable die-cast aluminium enclosure
  • Dimensions Approx: 222mm x 145mm x 102mm (W x D x H)
  • Weight: 2.5KG (5.5lbs)




The Big Trees(TBTs)は、自宅やスタジオで信じられないほど多用途に使えるプリアンプを持った、フルチューブのClass Aアンプです。この2.5Wのアンプは、ECC82 とECC83 のプリ管と1本のEL84 パワー管を中心に構築され、Baxandall型をベースとしたのEQトーンコントール、EL84によるパワーコントロールで、倍音豊かなトーンを作り出します。

TBTsは、ワーキングネーム:Pedal/Amp として始まった約4年間のプロジェクトの結果です。約5台のプロトタイプ(今でもワークショップの議論の対象になっている製作過程でのいくつかの不名誉なポイント)を経て、最初のコンセプト、試作品とは全く異なる回路で製作されています。そうして出来たこのTBTs は、Audio Kitchen の名に恥じない、誇りを持ってオススメ出来る自信作であり、既に世界中のプロデューサー、エンジニア、ギタリストの心を掴んで離しません。

TBTs を使用する最も簡単な方法は方法は、すべての真空管アンプと一緒です。
In Put ジャックにギターなどを接続し、Speaker 出力ジャックにスピーカーを接続します。Gainコントロールで出力を制御、低音域と高音域を調整するために、Root およびBranch のコントロールを使用します。Dirt スイッチは、出力ボリュームを僅かに削減し、より潰れた歪みをクリエイト。Line Out Puts(Clean or Amp)のコントロールは、スピーカーのサウンドには影響しません。

TBTs をLine 出力から別のアンプのInput に接続した場合は、信じられないほど多用途なプリアンプ/オーバードライブ/クリーンゲイン/バッファ/ラインドライバとなります。また、レコーディング・インターフェイスにライン出力ジャックから直接プラグインすることもできます(アンプのような音にしたい場合は、キャビネット·シミュレータープラグインを使用するとより良いでしょう。)スピーカー出力をスピーカーに、ライン出力を別のアンプに繋ぎ同時に使用も可能です。いろいろ実験してみてください。

TBTs は、多くの使い道がありますので、最初は少し混乱するかもしれませんが、その時間を費やす価値があるものと確信します。コントロールのすべてが音に変化を与える為、それらがどのように相互作用するか模索してみてください。きっとあなたが考える最高のサウンドが作り出せることでしょう。

TBTs は, 国内100Vでも動作いたしますが、本来のサウンドを得るためには120Vでの使用をお勧めいたします。