Electricの概念を超える...Scott Walkerによる現代最高峰マスタービルドギター

Scott Walker スコット・ウォーカーScott Walker ( スコット・ウォーカー )は小さい頃から電気回路に興味を持った少年でした。10代の最初の頃、彼はギターを弾き始めると同時に、そのギターのピックアップをより良い音にする実験を始めました。
15年後、西海岸のギタービルダーの先駆けで、グル的存在でもあるSCGC ( Santa Cruz Guitar Company )のオーナー兼ルシアーである、Richard Hoover ( リチャード・フーヴァー )の右腕として働く職を得て、アコースティックギターの構造についてみっちり学びました。そこでは主にネックの削り出し作業を行い、1000本を越えるギターの中には、あのTony Rice ( トニー・ライス )や Norman Blake ( ノーマン・ブレイク )本人のものも含まれます。
ネックに関するあらゆる工程をマスターし、スペシャリストになった後、ギター製作の全てを管理する長となり、Santa Cruz のギターの構造、塗装、木材のマネジメント、工具のメンテなど全てをマネージしました。

Santa Cruz Guitar Company を経た後、エレクトリックギターをより21世紀の現代に合ったものに進化することに注力しようと決心しました。友人でもある Barry Sless ( David Nelson Band / Phil and Friends etc... )と話し合いを重ね、全てのレンジをカバーできる楽器の開発をスタートさせ、5年の歳月をかけ、念願の彼自身のショップをオープンし、Scott Walker 独自のエレキギターを発表しました。
ギターの電気回路を進化させるべく追求していく中で、Greatful Dead Jerry Garcia 等のギターサウンド・デザインをし、Electronic Wizards として名を馳せるPeter Miller (Producer) と Cutler( Engineer) との共同制作をはじめ、その後も、Scott Walker , Peter Miller , John Cutler , Barry Sless に加え、ジャムバンドシーンの超人気ギタリスト Steve Kimock ( Jazz is Dead etc...) を入れた強力な布陣によって、それぞれの達人達からの素晴らしいインプットがギター・エレクトロニクスを新しい境地に向かわせてくれます。その結果が現在の Scott Walker ギターの全てのモデルのデザインに反映されています。
Gibson社のWarren Haynes(オールマン・ブラザーズ etc..) Les Paul Model の配線は、スコットが改造したウォーレンの Les Paul Model が元になっています。

Acoustic Model / SD-33


SCGCから独立後、満を持して手掛けたアコースティックモデル!!
SantaCruzとは違った独自の音の“進化”をひしひしと感じる手工モデル!!


Walker Full Rage Booster

Warren HaynesSteve Kimockのギターに内蔵され、また、多くのギタリストたちに高評価を得ているフルレンジ・ブースターフロアペダル・モデル!!


Demo Movie