Gregg Keplinger:USA WashingtonのSeattleの工房にて、ハンドメイドで、スネア・シンバル・パーカッションをハンドメイドで製作!!


USA WashingtonSeattleの工房にて、ハンドメイドで、スネア・シンバル・パーカッションをハンドメイドで製作している人物【Gregg Keplinger】。
ノースウエストのミュージシャンの間では“伝説的”なドラマーとしても知られています。

自身がプロドラマーでもあり様々なスタイルのドラミングを習得し、様々なバンドでプレイしてきた(今尚現役でジャズ・ギタリスト“Rick Mandyck”と継続的にモダン・ジャズ・デュオを組んでいる。)Gregg Keplingerという人物は、80年代後半から音楽活動の合間にドラムを作り始めました。始めは親しい友人のミュージシャンのために製作をしていましたが、そのサウンドはすぐに話題になり、90年代には、自身のスネアを作製するためにAyotte Drums(ハンドメイドの打楽器としては世界的に有名なカナダのブランド)と提携したこともありましたが、それにも納得できず、現在はグレッグ・ケプリンガー自身のハンドメイドの製作に戻り、ハンドメイドスネアドラムシンバル、他金属製のユニークなパーカッションを製作しています。

彼のドラムの愛用者には、あのマイルスジョン・コルトレーンとも競演したJAZZドラマー故:エルビン・ジョーンズをはじめ、ローリング・ストーンズチャーリー・ワッツサウンドガーデンパールジャムのドラマー:マット・キャメロン、トロントのオルタナバンドOur Lady Peaceのドラマー:ジェレミー・タガートなどがいます。(マット・キャメロンジェレミー・タガートは本人自らドラムテックも担当)

その強力なインパクトを与えるオリジナルなサウンドは、今一番熱いドラム・ブランドとしてシアトルのプロ・ドラマー、スタジオミュージシャンの間ですでに話題になっています

▼ Gregg Keplinger ▼

SNARE DRUMS

シアトルのドラマーの間で今、話題になっているのがこのソリッドステンレス・スチール製スネア・ドラム!!
はじめからミュートリングをつけた様な引き締まったサウンドとアタックで、非常にレスポンスが早くはじける様なサウンドが特徴リムショットでもその方向性はあきらかで、非常に抜けがよく乾いたタイトなサウンドが気持ち良い♪
Gregg Keplinger Drum のステンレス・スチール・スネアの特徴として、そのへヴィ級の重量も人気の理由の1つです
まず第一に音がデカイ!!重量に比例するかのような"爆音"!!引き締まったサウンドですが、詰まったコンプ感は少なく、どんな叩き方でもついてくる感覚で、スネア本体がもつポテンシャルの高さが伺えます。
そして、パワー・ヒッターでもジャズ・ストロークでもステージの安定感は抜群!!気候などにも左右されにくく、レコーディングでも安心感、存在感があります。そして、なによりこのサウンドは他のブランドのスネアでは得ることのできない強力なサウンドです!!




  • SPEC
  • ・Type : 14"x 5.5"
  • ・Shell : 3mm Solid Stainless Steel Steel
  • ・Lugs : 8 Tube Lugs Per Head
  • ・Hoops : 2.3mm Triple-Flanged Hoops
  • ・Strainer : Trick GS007
  • /Black or Chrome
  • ・Snappy : Steel Wires
  • ・約6.0kg

販売価格:160,000円+TAX





  • SPEC
  • ・Type : 14"x 6.5"
  • ・Shell : 3mm Solid Stainless Steel Steel
  • ・Lugs : 10 Tube Lugs Per Head
  • ・Hoops : 2.3mm Triple-Flanged Hoops
  • ・Strainer : Trick GS007
  • /Chrome
  • ・Snappy : Steel Wires
  • ・約6.8kg

販売価格:160,000円+TAX





KEPLINGER DRUMS ARTISTS


Charles Watts


Elvin Jones


Matt Cameron


Jeremy Taggart


Zach Hill







and others...