About BilT Guitars

『幸せな(ギター)オーナーは、より良い音楽を作り、そして、それは私たちを幸せにします。 』

自分達が作る楽器がみんなを幸せにするという理念のもと作り出されるギターがあります。それこそがBilT Guitars(ビルトギターズ)

アメリカ合衆国アイオワ州最大の都市デイモン。“ルシアーショップ”という名前のプロフェッショナルリペアショップにて、Tim Thelen(ティム・シーレン)とBill Henss(ビル・ヘンス)により作られるハンドメイドギターがBilT Guitarsです。

BilT Guitars”では、1949年頃では最新だったであろう伝統的なハンドツールといくつかの電動マシーンを使った確かな手工製作技術で制作。
安価な(中国製など)の部材は使用せず。USA製のパーツ、木材、部品を基本に、すべてを自分たちで加工し、組み立てられます。

美しさを評価ししていないというわけではありませんが、AAAAAAAグレード、ダブルスターなどのグレード(木材ののランク)などの木材を好んで使用する多くのビルダーとは違い、全て厳選されたプレーンのアルダー、メイプルにこだわって使用をしています。
これだけを見ても、BilT Guitars”が他のギターブランド、ビルダーとは違う感性を持った存在であることがわかっていただけるかもしれません。

2009年に立ち上げたまだブランドをしては新しいブランドですが、その確かなサウンド、ルックス、存在感で、WilcoNels Clineや、Imagine DragonsWayne SermonLimp BizkitWes BorlandThe MelvinsBuzz Osborneなど多くのミュージシャンに注目されています。

BilT Guitarsは、最上級のギターをできるだけリーズナブルにプレイヤーに届けたいとの思いから、コスト(人件費等)を押さえるため少人数で運営し、ダイレクトセールスのみで主にミュージシャンに供給されていました。現在でも、店舗を通しての販売は、当社とほんの少しだけです。
当社はBill, Timと数年の間コミュニケーションを重ね、遂に日本の窓口として“BilT Guitarsを紹介することが出来ようになりました。

          Tim Thelen
13歳からギターを始めるとすぐに、ギターの修復や改造などを始める。
ミネソタ・ステート・カレッジ - サウスイースト・テクニカルにおいて“Guitar Repair and Building Program”を専攻、その後、古き良きギター製作の息吹を感じるNew EnglandやMidwestの地で腕を磨く。
2004年に弦楽器製作者Dave Plummer(デイブ•プラマー)の下で修業したScott Rohden(スコットローデン)というリペア&クラフトマンと一緒に『ルシアーショップ』という名前の弦楽器の楽器店などのリペアを中心に、ギターの復元やギター製作(BilT)を行う専門店を立ち上げ、現在に至る。


          Bill Henss
2003年にアリゾナ州フェニックスのギター製作学校“Roberto Venn School of Luthiery”で、ギター製作、および修理の基本を学ぶ。
卒業後、弦楽器製作者Dave Plummerの下、ギター製作やギター修理を行う。
その後、いくつかのカスタムキャビネット製作の店で働きながら、電動工具や音響設備の知識と技術を習得。ワイゼンボーンとエレキギター製作を始める。
2007年1月からルシアーショップに在籍し現在に至る。